2012年12月11日火曜日

年金資金の不正流用に関する事実を証言する前に殺された


あらゆる情報を分析するM総研



http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/10/post-415e.html 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年金資金の不正流用に関する事実を証言する前に殺された

あほちゃうか?おおかた3割りの人はもらう前に死ぬやろが!!
厚生年金の支給開始年齢は、すでに、現在の60歳から「3年ごとに1歳」のペースで遅らせ、段階的に、基礎年金(国民年金)と同じ65歳にまで引き上げることが決まっている。とマスコミが煽り立てている。
しかし?一体誰がこのような事をしたのか?
この時事問題を掘り下げる必要がある。
霞が関埋蔵金と言う昔に、はやった言葉がある。
年金問題1
この消えた年金は貨幣制度の番人がすでに吸い取っていた。
実はその埋蔵金とは本当は年金であったのです。
この消えた年金問題農林中金とも深い関係があった。
農林中金は、サブプライムローン問題で危険さが浮き彫りになった証券化商品や米政府支援機関(GSE)債を大量に買い込んできたからだ。その金額はなんと10兆円を超える。
農水大臣が次々にスキャンダルに巻き込まれ、死人続出
10.29 財務金融委員会 「農林中金」驚きの融資実態 No.1
キーワードは・旧農林省が管理していたもの・農林中金とサブプライム・厚生省と農林水産省が統合・消えた年金・売国奴・郵政民営化・真実を知っていた大臣や官僚が死ぬ・
この年金とは官僚が築き上げたネズミ講そのものである。
その消えた年金がどのように吸い取れたを知っていた山口次官が殺害された。
しかも、国会承認喚問で証言する前に
事業仕分けで未払いの年金問題がマスコミがプロパガンダをかけ大問題へとなり自民党の汚点と突付きまくり民主党が政権を獲った。
小泉毅容疑者 1990年頃 元厚生事務次官宅連続襲撃事件
国会年金証人喚問を恐れた勢力から消された年金担当事務次官
http://asyura.com/08/senkyo56/msg/273.htmlより
●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●
今回の厚生省事務次官連続襲撃事件では
○小泉毅という人物が自首したが、とても強引なこじつけがマスコミに
あふれている。
警察OBのコメントの方が、現実を表している。
不可解なのは、小泉毅が、知るはずもない、厚生省の職員録から、
この事務次官の住所を知ったと言っている点である。
この厚生省の職員録というのは「内部者」しか入手できないのである。
したがって、警察OBの指摘通り、厚生省関係者
つまり歴代厚生大臣、歴代秘書官、および厚生省内部も
洗うべきである。
ところが、これをカムフラージュするために、小泉毅が、
インターネットで入手した「らしい」だの
名簿を図書館で閲覧したらしい」などと 
さまざまなかく乱情報が流されている。
まず、彼が言った、「年金テロではない。34年前に殺されたペットの恨みだ
という言葉を何かしらの方法でぼやかす必要性が生じる。
また、「なぜ、厚生事務次官の住所を知ったのか
という問題もある。
また小泉毅本人は左利きなのに、実行犯は右利きだった
2番目の事務次官宅を襲撃したときに最初に出てきたのは、
妻だけで、そのあと事務次官を探すために部屋まで探したが
いなかったのだろう。
しかし小泉毅は、
最初に出てきたのが、妻ではなく事務次官だと発言
まさに替え玉だけあって、現場を知らないまま迷走している。
一方、これをカムフラージュするために
小泉は以前は歴代事務次官をすべて始末するつもりだった
とか「大臣を考えにいれていた
とあるが、たぶん全てうそである。
●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●
この年金問題も前にブログで警鐘したように貨幣制度の番人のフロント企業にお金を強制的に回るように日本の法律を改定させて日本を貪り食らうことになる。
そしてこの埋蔵金をめぐり「貨幣制度の番人」達が死人に口なしと・・・
農林水産省と防衛省に貨幣制度の番人の影
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/218.html
マスコミが報じない農林中金と米GSE債
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/246.html
アメリカにただで売り渡す
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/219.html
山口次官夫妻が襲われた理由は、年金資金の不正流用に関する事実を、民主党政権下で公開されないための口封じだとされる。
吉原次官の妻が襲われた理由は、年金問題に義憤を抱いた大衆によるテロだと見せかけるためらしい。真の狙いは、あくまでも年金資金不正流用の真実を知る山口の口封じだといわれる。
現段階では、殺害犯本人である可能性は、ほとんどない。得られた痕跡は、すべて殺人プロの仕事である。
   
   当初、殺害現場から得られた情報と襲われた吉原夫人の証言によれば
 ① 事件現場に犯人と思われる指紋が皆無 →手袋をしており、計画性の極めて
          高い用意周到な犯行を示す。
 ② 夫婦の胸が数回刺された → 返り血を浴びないため衣類の上から心臓を狙
          っている プロの犯行を示す。
 ③ 一ヶ月ほど前から不審車両が目撃されている →下見準備を念入りに行った
          プロの犯行。
 ④ 吉原妻の目撃情報、年齢30歳前後、身長1m60センチ前後と比較的小柄 
          若い印象→ 小泉は46歳、身長165センチ 報道写真を見る限り、30
          歳前後に見える可能性は少ない。
 
 ⑤ 吉原襲撃現場で目撃された不審車は、古い紺色のワンボックスカー、ところ
          が小泉の借りていたのは、軽自動車レンタカにバイク。
 ⑥ 動機に「ペットを殺された腹いせ」と供述しているが、そんな感情的人物が、
          これほどの詳細な計画的犯行を行える可能性はない。
 ⑦ 埼玉県居住者の小泉が、わざわざ警視庁に出向いて自首しているが、犯行に
          用意したと称するナイフ8本を持参したのに、犯行時着ていた返り血を浴び
          た衣類は皆無、靴もなく処分したとされる。わざわざ住民票まで持参する
          意味、一番大切な証拠は、犯行時の靴が小泉のものかどうか? シャツの
          サイズなどのはず。車の種類も違う。
 ⑧ 代理出頭は、山口組など暴力団事件抗争などの典型的な手口で、噂されてい
          る後藤組が9月末に山口組本家から破門された段階で、それ自体が今回の
          事件の真相が暴露された段階で山口組本家を守るための事前工作であった
          可能性が小さくない。破門理由は、本家行事に後藤組長がゴルフを理由に
          断ったという些細なものだった。
このように貨幣制度の番人はお金を神と崇める。
そのお金には万物を見通す目で人類を貨幣制度の虜となし人の心をも支配・管理している。
まさにマトリックスの世界である。
いでよネオ
人類の為に