2015年12月24日木曜日

2015年12月7日月曜日

イラク派兵の事故 池田頼将


この事件も注目したい。

弱者の保護、国の過ちを正すのは誰か。

報道されることはあるのか。

違法捜査した警察官はどうなるのだろうか?

良心はどこに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメブロ

2015-12-05 09:01:25
テーマ:
どもです
 名古屋のデモガ 
チェリーearth babyでございます
題名の如く、
いつになく真剣に書きますので
心して読んで下さいね

皆さんは 池田頼将さんという
元自衛隊の活動家をご存知でしょうか
イラク派兵中 
米軍との親睦マラソン大会で
米軍のバスに当てられ
重症を負ったにも関わらず
ほぼ放置され
重い障害が残り
「石につまづいても公務災害」
と言っていた国からは
 賠償もされぬまま切り捨てに遭い

その経験から
自衛隊を派兵し 国に都合が悪ければ
隠蔽や切り捨てで
無かったことにするであろう
自衛隊の戦争参加、
集団的自衛権に強く反対し
精力的な活動をしていた方です

{7DEE01FE-6BEF-4B8E-BB34-B7B1D0793B6B:01}

ぼくは池田さんと2度目の葬デモの少し前に知り合い
夏の暑い日、鶴舞公園でお話を聞かせて頂きました
事故の後遺症により池田さんは
体の体温調節が出来ず
クーラーの部屋には いられない事
顎が開かず
一切固形物を咀嚼する事も出来ない事 
心身の強いストレスにより
酷い鬱になり
強い抗鬱剤と睡眠薬で無理やり
寝ている事

そして
国の本当の顔を知っている為に
絶えず見張られ
危険に晒されている事を聞きました

葬デモにも参加して下さった池田さん
黄色いプラカードの後ろです

{22EDA258-4031-4372-9B4B-6ECD35F6B7D0:01}
この日は今にも崩れそうな空模様で
気温の上がらない中
強い戦争反対の意思のもと
参加して下さいました

「自衛隊派兵」の際 なにかあった時
国はどうするのかを身をもって
経験している池田さんは
集団的自衛権を止めるべく
全国でも沢山の講演をし 
デモにも積極的に参加し
労働組合などからも強い支持を受け
「元の体に戻せ」と
国を相手に裁判を起こしていたのですが
国からの圧力を受けた
弁護団は一度解散してしまいました

それでも挫けることなく
新しく弁護団を結成し
集団的自衛権による
新たな犠牲を止める為
そして ご自身の名誉の為に

国と再び裁判で闘うことを決め
あと6日でいよいよ国家賠償裁判!
という時 

池田さんは腰痛治療に通っていた病院で
複数の警察に取り囲まれ
池田さんの知人の暴行事件について
聴きたいと
任意同行を求められ、連行されました

知人の暴行事件では
池田さんの拘束を続けられないとなると

今度は知り合いの万引き事件の話を
持ち出し

「万引きした男は知り合いでしょ、
共犯の可能性ありでしょ、
身柄拘束して取り調べなきゃダメでしょ」

という無茶苦茶な理由で
勾留されてしまったのです

これだけ読んでも 変でしょ

なんでこんな事を
知っているかというと

「池田さんが逮捕されたそうだ、
勾留理由についての裁判傍聴がある」
と教えて頂き
名古屋地裁に行ってきたからなのです

裁判所に傍聴しにいくのは2度目
以前 原発被害者の訴訟を傍聴しに
行きました
その時は広い法廷でしたが
池田さんの時は小さな法廷
着席しないと裁判は始まらないようで
無理くり席を作って貰いましたが
危うく傍聴できないところでした

そこで池田さんが話してくれた事に
ぼくは驚きを隠せなかった……

共犯とされている池田さんの知人の
万引き事件は
なんと10カ月も前の事

深夜2時の犯行で
強い睡眠薬を飲んでいる
池田さんには
深夜万引きをする事もかなわない事

万引きの取り調べの為
家宅捜査をすると
池田さんの部屋に入った警察が
手をつけたのは
万引きによって得たのではないかと
思う物品では無く

裁判の資料や
池田さんが集めた集団的自衛権
自衛隊の情報ばかりだったと

それも、その時の令状は
なんと「期限切れ」のものでした

もうとっくに解決している万引きの
それもただ、知人が10カ月も前に
起こした万引き事件での勾留

これは……明らかに 不当逮捕。
子どもでもわかる。
組織でもない万引き犯が
警察に何日も捕らえられ
裁判までしないといけないなんて
ぼくは初めて聞きましたよっ!!!


おまけに熱田警察署では
弁護士との話し合いの時も
ドアを開け隙間から
盗み聞きをしていたそうです
盗聴する刑事
もう…得体が知れ無い……
なにを恐れているの?



でもね、
警察はそれで良いのだと思います
明らかに嘘だとわかっても
要するに
「お上に逆らうとこんな目に
あっちゃうよ」という脅威が示せれば

池田さんは見せしめなんですよね
安倍政権に反対する人への

池田さんはイラク派兵時の
クェートでの
米軍との親睦マラソンで
米兵2人と
トップを争っていたそうです
3人は後方にかなりの差をつけ
さぁ、2人を抜いてやろっかな
と給水所でふた口み口、
池田さんが水を飲んでいた時

衝撃を受け、意識を失った……
米軍のバスに轢かれたんです
気づいたらベッド
そして米軍からは
どでかい錠剤4錠と
自衛隊からは薬一錠貰いました
それだけ……
レントゲンも精密検査も無し

他の隊員はテコンドーの練習で
アキレス腱を切ったという理由ですら
速攻で日本に帰国させて貰えたにも
関わらず
池田さんは自衛隊にどう言っても
日本に帰して貰えず
ろくな診察も治療もして貰えなかった
その理由として
武装米軍によるバクダッド空輸開始と
重なったからではと資料で読みましたが

ぼく正直、
池田さんはねたバスにも
なんか違和感感じますよ

マラソンの給水所に突っ込んでくる
バスってなんすか
米軍のどなただったんですか
理由は?状況は?
あまりにも隠蔽放置酷すぎて

「おっと、ちっさいジエイタイが
生意気にも足速えぇじゃん
軽く当たってやろっか」
くらいな悪ふざけ的心情を盛り上げた
米兵が
池田さんを意図的に
当てんじゃないのか!と
勘ぐりたくなりますよ
これはあくまでも
ぼくの頭の中だけの事ですよ
沖縄だって散々
無茶苦茶されてるの 思うとね

池田さんは少し前 
カメラマンの志葉玲さんや
映画監督の増山麗奈さんと
IWJでも対談しています

{1C6825CD-10C4-478A-823D-A625A2527D92:01}

こちらは去年
{43F64A48-1FFF-4AE1-B0B4-B03C00963564:01}

 志葉さんや増山さんは
池田さん不当逮捕のこと、
ご存知なのでしょうか……

東海では
来年の5月に各国の首脳陣が集う
「伊勢志摩サミット」を控えていて
安保法制に反対する人々への圧力
安倍政権に反対の声を上げる人々への
弾圧が強まるのではないかと
懸念されます

池田さんは体の不自由から
クェート任期満了後に配置された
新潟の自衛隊でもパワハラに遭い
退職に追い込まれ
仕事を失った為に離婚も余儀無くされ
心身共に障害も負ったというのに

今また雑居房で
同房者からの嫌がらせを受けながら
勾留されている……

池田さんは法廷で
強い意志を持って発言し
はっきりと闘う姿勢を
見せてくれましたが

この「あえて警察のでっち上げを認めない」猿芝居みたいな
スラップ裁判の一部始終に
ぼくは情け無くて悔しくて……

ぼくよりもずっとずっと頭も良く
信頼される 警察や法律に関わる人たちが
無実だろうね、と分かりながら
池田さんの手首に手錠を掛け
ロープでぐるぐると巻いていく
そしてそれを法廷のみんなで眺めてる……

法廷の木の柵の向こうに
池田さんはいた
ふちの赤くなった目を見開いて
ぼくを見返した時
ぼくはうなづく事しか
出来ませんでした

この柵を跨いで
外に出ようよ
誰にも捕らえられる理由なんて
池田さんには無いんだから

心の中で響いてる声を
ぼくは無視した

そうすればどうなるかくらい
わかるから

泣くしか出来ませんでした……

目立てばなんらかの形で
制裁を加えられる
然し 国のなすがままになれば
いずれ身動きの取れない社会になる

どちらにしても
希望が無い……
ぼくは散々悩んだ末に
「池田さんを解放する事が出来るなら
それが希望なんだ
そしてぼくのそばでは奇跡も起こってるんだもの
奇跡を信じてやれる事しよう」
そんな結論に至り

これを書いた次第です

池田さんのこと
ご存知無い方もいるでしょう
これを読んで
やっぱ安倍政権に楯突くって
ヤバいな、と
怖くなる方もいるでしょう

それでもぼくは
この名古屋市熱田警察署での
不当な勾留による弾圧を
正直に皆さんにお伝えします

これは他人ごとではないと
気付いて下さった方、
出来るならお知り合いにお伝え下さい
そして池田さん釈放の方法なり
経験なりご存知の方がありましたら
協力をお願いしたいです

スラップ裁判がどうすれば
解決出来るのか
ぼくには全く知識も経験もありません
でも、専門家任せにする気も
内輪の話にする気もない!

どうか宜しくお願いします
池田さんの裁判についていた
弁護士さんはこの方
秋田光治さんです


{DDDE14B4-DDD8-41EF-A019-6A69B06F1633:01}
どうか池田頼将さんが
1日も早く解放されますように

ぼくがもし、
なんらかの嫌疑をかけられても
または死んでも

理由がなんなのかは
察してくださいね

2015年1月30日金曜日

民主党 末松義則 元衆議院議員

2015年1月30日

 末松義則 元議員



元復興特別委員長、元復興副大臣兼内閣府副大臣、元外交官

サイト ブログ facebook 

末松 義規

『「原発ゼロ社会」の実現』

『憲法9条を守りながら、国土・国民を死守する方法』

『経済活性化について』

『経済のグローバル化と日本のデフレ対策について』


2014年9月発行!末松義規最新レポート
「集団的自衛権特集・新民主党宣言!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イスラム国の人質について facebookより 引用


イスラム国による日本人人質事件の解決に向けては、結論的に言えば、「イスラム国」に通じる効果的なルートの発見・活用がカギだと思います。以下、限られた情報の中で、私の意見を述べたいと思います。

私は、中東勤務で、アラビア語の通訳経験を持つ元外交官として、以前から中東情勢をずっと注視してきました。

数ヶ月前から拘束されてきた2人の日本人が、何故この時期にイスラム国による処刑の脅威に直面せざるを得なくなったのか?

タイミングから考えると、安倍総理の今回の中東歴訪(エジプト・ヨルダン・イスラエル・パレスチナ)との関係性を認めざるを得ません。

元々、安倍総理は、数ヶ月間に及ぶ2人の日本人拘束という深刻な事態を事前に把握しており、中東の現場で敢えて「イスラム国の脅威を食い止めるために2億ドルを支援」、「イスラム国との戦いにおいて最前線に立ち続けているヨルダンの取り組みに敬意」等々を発言するのは、意図的にイスラム国を刺激していると国際的に解釈されることになります。首脳の発言は極めて重いので、今回の安倍首相の意図的な発言はとても残念です。「外務省は何をアドバイスしていたのか?」と問い質したくなります。

一方、私は、イスラム国側の一方的な要求(240億円とも言われる身代金支払い)に応じることには明確に反対します。そうすれば、テロとの戦いを続けている西側諸国との団結に大きな亀裂が入りますし、海外の日本人が続けざまに標的(身代金目当ての拘束)になるからです。

一刻を争う現実的解決法を申し上げれば、イスラム国を裏でバックアップしている国やルートを割り出し、イスラム国に圧力をかけて、期限の無い交渉戦術に持ち込むことです。その点で、政府発表の国々(ヨルダン等のアラブ諸国や西側諸国等)に加えて、イスラム原理主義国のイランやパキスタン、更には、ロシア等に対しても、政府は強力に働きかけるべきだと思います。

イスラム国への効果的なルートを手繰り寄せることができれば、外交的決着を図ることが可能となります。

最後に、拘束された2人の自己責任論は勿論ありますが、日本国としては、国民の行為がどうであれ、同胞の日本人の命を守るために最善を尽くすことは当然だと思っております。

以上、詳細な情報が無い中で、私の意見を参考までに申し上げましたが、あなたは、いかがお考えになりますか? 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主党 石毛航太郎 小平市議会議員からチラシをいただいた

2015年1月28日

民主党 石毛航太郎 小平市議会議員さんは、
2014年12月の衆議院選挙で、末松義則さんの応援活動をしたそうです。

アメブロ「歩歩是道場(ほほこれどうじょう)」を日々更新中とあります。

twitter facebook アメブロ
石毛航太郎


1/26の記事

清瀬市の農業委員会会長の村松俊夫さん

市内の産物をアピールしようとする熱意が、清瀬の農業を元気にしていると確信しました。

清瀬のひまわり祭りでは、ひまわりを植えて販売、消防ポンプ車で子どもたちを連れて市内全ての農地を回るというイベントをやっているそうです。



清瀬のひまわり祭り 2013:8/18 2014年:8/18 8/31

清瀬市農業委員会を検索

東京都の農業委員会 > 清瀬市農業委員会 

JA東京みらい > 農業祭農畜産物品評会 ─平成26年度 > 清瀬(出品420点:審査11月15日)


 ※アピール、情報の共有化 広報についてどう考えているのだろう?

 とりあえず、「ネットに情報を載せてあり、ネットを活用しています」ということなのだろう。


清瀬市の農業委員会会長の村松俊夫 を検索 山梨県の方がヒット。たぶん別人だと思う。





2014年5月22日木曜日

マレーシア航空機が消息絶つ

2014年5月22日

2014年

5/21 マレーシア機失踪、陰謀説が再浮上 記事

韓国旅客船沈没

2014年5月22日


韓国旅客船沈没


2014年


5/19 朴大統領「最終責任は私に…海洋警察を解体」…犠牲者に言及し涙も 記事


ナイジェリア少女誘拐事件

2014年5月22日


2014年

5/22 米兵士80人をチャドに派遣=ナイジェリア拉致事件で  記事

5/22 ナイジェリアの石油を強奪するための女子学生200人誘拐事件 ブログ
 
 →2013年9月22日 ナイジェリア:石油盗難、先進国の投資が撤退 記事

5/21 ボコ・ハラムが2か所の村を襲撃、30人死亡 ナイジェリア 記事


 ナイジェリア北東部で2014年4月、女子生徒200人以上がイスラム過激派「ボコ・ハラム」に拉致された事件で、ボコ・ハラムは5月12日、連れ去られたとされる少女たちを撮影したビデオ映像を公開した。AFP通信が伝えた。